適応症例

WHO(世界保健機関)は鍼灸の適応症を表明しています。

 

■呼吸器系・・・気管支炎、喘息、風邪及び予防

■皮膚科系・・・蕁麻疹、ヘルペス、おでき、しもやけ等

■運動器系・・・関節炎、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷後の後遺症(捻挫・むちうち・打撲等)

■婦人科系・・・月経痛、月経不順、冷え性、更年期障害、不妊、つわり

■消化器系・・・胃炎、胃下垂、便秘、下痢、肝機能障害、胆嚢炎、十二指腸潰瘍

■耳鼻咽喉系・・中耳炎、耳鳴、難聴、蓄膿症、声枯れ、扁桃腺炎

■神経系・・・・神経痛、筋肉痛、脳卒中後遺症、頭痛、めまい、不眠症、自律神経症状

■小児系・・・・夜泣き、かんむし、イライラ

 

上記の症状だけが対象ではない為、上記以外の症状も多々あります。

一度ご相談ください。

 

適応症例は多岐に渡りますが、全てにおいて結果が出るとは限りません。

また、個人の体質や服用されている薬の状況から見て鍼灸が適当でない場合もあります。その時はやはり専門の医師にかかる事をお勧め致します。